ムダ毛の知識、脱毛のリスクなど

ムダ毛って当たり前に気がついたら生えていますが、何のために生えているのかを考えたことはありませんよね。ムダ毛は私たち人間が人間になる前に元々は体毛として体を覆っていたものらしいです。その体毛が現在は人間に残っているのですが、本来は体を守るためのもので、睫毛や眉毛も同じ認識だと言われています。しかし、実際にムダ毛が役に立っているかというと、反対に邪魔に感じることの方が多いですよね。

確かにムダ毛は特にデリケートな部分には沢山生えていて、役に立っているようなこともありますが、やっぱり煩わしく感じたりする方が多いし、ムダ毛は体を守ってくれるから、生えたままにしておくなんていう人もいません。ですから、脱毛をしたり、処理をしますが、この処理を間違えてしまうと、肌は荒れて、傷となってしまいます。ムダ毛が生えている理由についてを考えた上で、繰り返しムダ毛が生えてくるのを防ぐためには、やっぱり脱毛が一番の方法だと思います。ムダ毛の処理だけでは何度でも体を守るために生えてきてしまいます。

脱毛で毛根への指令を変える

ので、脱毛によって毛根の働きをストップさせるのが一番の方法になります。脱毛をすることで、毛根に対して働かなくて良いという指令を与え、ムダ毛が生えて来ない状態を作るんですね。

本来であれば、ムダ毛を生やさなければならないと指令が働いている毛根を、反対に働かなくて良い状態にしてムダ毛が生えなくなると、自然に毛穴も小さくなり、目立たなくなります。そのために脱毛をすると肌が綺麗になると言われているんですね。ただ、脱毛をして毛根の働きを止めてしまうのは体に悪影響なのでは?という疑問が生まれますが、私たちのお肌は毛根によって皮膚呼吸をしているわけでは無いし、ターンオーバーが繰り返されているわけでも無いので、毛根が働かなくなっても体に対しての悪影響はありません。ムダ毛に悩むよりも、安心して脱毛をしましょう。

ムダ毛に悩んでいる状態の方がお肌にはストレスとなり悪影響を与えてしまいます。